物理の駅 by onsanai

Physics Station → PhSt 質問・疑問・間違いの指摘は、コメントに書くか、直接伝えるときっと良いことがあります。主にWindows or Ubuntu用の記事です

Windows Subsystem for Linux (WSL)

Windows Subsystem for Linux (WSL) をバックアップ・復元・コピーする方法

forest.watch.impress.co.jp 何らかの事情でOSを移動や削除しなければならなくなった時、WSLを再インストールするのは大変面倒である。幸いなことに、Windows Subsystem for Linuxを管理するためのWSLコマンドには、既存のLinuxディストリビューションをその…

Windows Subsystem for Linux (WSL) を好きな場所でインストールする

Ubuntu 18.04 LTSの場合を例に紹介する。 同じディストリビューションがあるとインストールできないため、 wsl --list で、Windows Subsystem for Linux には、ディストリビューションがインストールされていません。 となっていることを確認する。 次に、St…

WSLにおける公開用Ubuntuの構築ログ

Ubuntuの設定 Enter new UNIX username: physics Enter new UNIX password: station Retype new UNIX password: station cat /etc/lsb-release #DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04.1 LTS" sudo apt -y update sudo apt -y upgrade sudo apt -y install buil…

Windows Server 2019からWindows Subsystem for Linux (WSL) をアンインストールする

Windows 10の場合は、Microsoft Storeからインストールするので、アンインストールはアプリと機能からできるが、Windows Server の場合は、Microsoft Storeは使えないので、 wsl --list のコマンドから直接アンインストールする必要がある。 C:\Users\Admini…

Windows Subsystem for Linux (WSL) でCERN ROOTバージョン6を動かすまで

Ubuntu 18.04 LTSのインストール 事前の準備 GUIを使えるようにする Python3でROOTを動かしたい人のための、ROOTバージョン6のコンパイル方法 Pythonを必要としない人のためのROOTバージョン6の簡単インストール方法 ROOTの起動の確認 Windows上のUbuntuの実…

WSL (Ubuntu系)における便利なコマンド一覧

Windows Subsystem on Linux 自分用のメモとして随時更新 インストールパッケージをアップデート。これをしないと何もできない。 sudo apt update sudo apt upgrade Anacondaをインストールする sudo sh Anaconda3-2018.12-Linux-x86_64.sh ビルドツールを一…

Windows 10でROOT6 (CERN)を動かそう

最終更新: 2019/04/10 bellenot氏曰く、Windows (Visual Studioのcl.exe)でROOT6が動く(コンパイルできる)らしい。だが私の環境では動かなかった。Visual Studio 2019ではコンパイルは一発で通った。だが起動時にエラーが出た。ROOT5は動くので、私の見解と…