WindowsでPython 3をインストールする方法

Anacondaは使い方がよく分からない、ということで、Pythonからダウンロードすることを推奨する、という結論に落ち着きそうである。

Pythonのインストール

https://www.python.org/ftp/python/3.8.2/python-3.8.2-amd64-webinstall.exe

Visual Studio が正式対応しているのはPython3.7なので、そっちでも可。

Customize installationへ

f:id:onsanai:20200425113229p:plain:w300

f:id:onsanai:20200428093538p:plain:w300

f:id:onsanai:20200428092600p:plain:w300

PATHを通す

インストール直後だとフォルダは作成されてないこともある。

%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python38
%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python38\Scripts
%APPDATA%\Python\Python38\Scripts

Python3.7の場合

%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37
%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\Scripts
%APPDATA%\Python\Python37\Scripts

最新のWindows 10だと、PythonMicrosoft StoreへのPathが既に設定されていることがあるので、以下のPathの優先順位を下げるべし。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps

各パッケージのインストール

--user をつけると ユーザーフォルダに保存されるが、一部のプログラムでは --user にないことを前提としてコードが書かれてるので、特にこだわりがなければ --user なしで良いだろう。

数学系

pip install numpy scipy

numpyは1.19.4にバグがあるので1.19.3を入れるべし

https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/1207405/fmod-after-an-update-to-windows-2004-is-causing-a.html

pip install numpy==1.19.3

sympy

pip install simpy

jupyter

pip install jupyter jupyterlab jupyterlab_launcher

--user オプションをつけてから Printしようとするとできなかったり、 Export Notebook As で項目が出てこないことがある。--user は必要ない。 検索用のエラーメッセージは以下の通り。

"Jupyter Notebook requires JavaScript. 
Please enable it to proceed."
      value = obj._trait_values[self.name]
    KeyError: 'template_paths'

画像処理

pip install opencv-python

グラフ描画ツール

pip install matplotlib

岐阜で必要なパッケージ

pip install affine6p uncertainties

ディープラーニング関連

pip install tensorflow tensorflow-gpu keras 
pip install pyyaml

日本語フォント

Windows

そのままだとmatplotlibで日本語フォントが使えず、いわゆる豆腐現象が起きてしまうため、下記の手順で導入する。

  • https://moji.or.jp/ipafont/ipaex00401/ (文字情報技術促進協議会) または https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ipaexfont/ (窓の杜)からIPAexフォント(IPAexフォント 明朝とゴシック)をダウンロードする
  • それぞれ ipaexg.ttf ipaexm.ttf をダブルクリックしてインストールする
  • %userprofile%\.matplotlib というフォルダ(なければ%userprofile%に行って作成)で matplotlibrc というファイルを作成する
  • font.family : IPAexGothic とだけ書いて保存
  • .matplotlib 内のtex.cacheフォルダと fontlist-*.json を削除する
  • jupyterを立ち上げ直す

Ubuntu

  • sudo apt install fonts-noto-cjk でゴシック体をインストールする。
  • ~/.config/matplotlib/matplotlibrcfont.family : Noto Sans CJK JPを追加する
  • ~/.cache/matplotlibrm -rで削除する
  • jupyterを立ち上げ直す

Jupyterlabのextension

nodejsを入れよと言われることがあるのでインストールする

nodejs.org

Windowsでipynbをjupyter labで開く

%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python38\Scripts
または
%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python37\Scripts

以下に、jupyter-lab.exeがあるので、このファイルを開く方法を選ぶの一番下、これを開くから選ぶ。

以下、メモなのでやらなくてもよい

PIPについて

--userの意味

--userをつけないでインストールすると

%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python38\Lib\site-packages

へパッケージは保存される。一方、--userをつけると

%APPDATA%\Python\Python38\Lib\site-packages

へ保存される。Roamingの方はドメインに参加しているときに、ユーザーのローカルデータを同期される。Localの方のデータは同期されない。スタンドアローンのPC(皆さんのラップトップPC)で実行している時は気にしなくても良いし、付けても付けなくても現実問題変わらない。VSCodePythonのパッケージをインストールするとお節介にも--userを付けてくれる。

上記の事情から、Pythonをアンインストールする時は、プログラムのアンインストールをした後、下記の両方を削除するように。

%LOCALAPPDATA%\Programs\Python\Python38
%APPDATA%\Python\Python38

PIPのインストール

パッケージ管理ソフトであるPIPは必須である。解説は This page has moved - pip documentation v21.2.1 にあるが、

まずは、get-pip.pyをダウンロードして、

bitsadmin.exe /TRANSFER download https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py %cd%\get-pip.py

Pythonで実行する

python get-pip.py

その後、

where pip

でPATHが見えれば完了

PIPコマンド

ユーザー権限でのインストール

pip install インストールしたいパッケージ  --user

インストール済みのパッケージ一覧

pip list

アンインストール

pip uninstall アンインストールしたいパッケージ

アップデートの確認

pip list --outdated

バージョンの記録方法

pip freeze > requirements.txt

記録したバージョン一覧から復元

pip install -r requirements.txt

PIP自体のアップグレード (だがやらないほうが良い)

pip install --upgrade pip