物理の駅 by onsanai

Physics Station → PhSt 質問・疑問・間違いの指摘は、コメントに書くか、直接伝えるときっと良いことがあります。主にWindows or Ubuntu用の記事です

Windows Subsystem for Linux (WSL) をバックアップ・復元・コピーする方法

forest.watch.impress.co.jp

何らかの事情でOSを移動や削除しなければならなくなった時、WSLを再インストールするのは大変面倒である。幸いなことに、Windows Subsystem for Linuxを管理するためのWSLコマンドには、既存のLinuxディストリビューションをそのままエクスポート・インポートする機能があるので紹介する。これは、コピーする目的でも使える。

ここでは、 Ubuntu-18.04 をエクスポート(バックアップ or ダンプ)し、 Ubuntu-18.04-v2 としてインポート(復元)することにする。

まずは、現在のディストリビューションの確認。Ubuntu-18.04 だけがインストールされている。

>wsl --list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu-18.04 (既定)

--export を使って、Ubuntu-18.04 をエクスポート

>wsl --export Ubuntu-18.04 ./Ubuntu-18.04.tar

ディストリビューションをインポート(復元)する場所 Ubuntu-18.04-v2 を作成し、そこに --import を使ってインポート(復元)。

>mkdir Ubuntu-18.04-v2

>wsl --import Ubuntu-18.04-v2 ./Ubuntu-18.04-v2 ./Ubuntu-18.04.tar --version 2

Ubuntu-18.04-v2 WSLディストリビューションに加わったことを確認

>wsl --list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu-18.04 (既定)
Ubuntu-18.04-v2

--distribution を使って Ubuntu-18.04-v2 を起動してみる。

>wsl --distribution Ubuntu-18.04-v2

--setdefault を使って、 Ubuntu-18.04-v2 をWSLのデフォルトとして設定

>wsl --setdefault Ubuntu-18.04-v2

>wsl --list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu-18.04-v2 (既定)
Ubuntu-18.04