物理の駅 by onsanai

Physics Station → PhSt 質問・疑問・間違いの指摘は、コメントに書くか、直接伝えるときっと良いことがあります。主にWindows or Ubuntu用の記事です

Windows Server 2019からWindows Subsystem for Linux (WSL) をアンインストールする

Windows 10の場合は、Microsoft Storeからインストールするので、アンインストールはアプリと機能からできるが、Windows Server の場合は、Microsoft Storeは使えないので、 wsl --list のコマンドから直接アンインストールする必要がある。

C:\Users\Administrator>wsl --list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu-18.04 (既定)

C:\Users\Administrator>wsl --unregister Ubuntu-18.04
登録を解除しています...

C:\Users\Administrator>wsl
Windows Subsystem for Linux には、ディストリビューションがインストールされていません。
ディストリビューションは Microsoft Store にアクセスしてインストールすることができます:
https://aka.ms/wslstore
C:\Users\Administrator>wsl --help
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

使用法: wsl.exe [Argument] [Options...] [CommandLine]

Linux バイナリを実行するための引数:

    コマンド ラインを指定しないと、wsl.exe は既定のシェルを起動します。

    --exec, -e <コマンド ライン>
        指定したコマンドを、既定の Linux シェルを使用しないで実行します。

    --
        残りのコマンド ラインをそのまま渡します。

オプション:
    --distribution, -d <ディストリビューション名>
        指定したディストリビューションを実行します。

    --user, -u <ユーザー名>
        指定したユーザーとして実行します。

Windows Subsystem for Linux を管理するための引数:

    --export <ディストリビューション名> <ファイル名>
        ディストリビューションを tar ファイルにエクスポートします。
        標準出力の場合は、ファイル名を - にできます。

    --import <ディストリビューション名> <インストール場所> <ファイル名>
        指定した tar ファイルを新しいディストリビューションとしてインポートします。
        標準入力の場合は、ファイル名を - にできます。

    --list, -l [Options]
        ディストリビューションを一覧表示します。

        オプション:
            --all
                現在インストール中またはアンインストール中のものを含めて
                すべてのディストリビューションを一覧表示します。

            --running
                現在実行中のディストリビューションのみを一覧表示します。

    -setdefault, -s <ディストリビューション名>
        ディストリビューションを既定として設定します。

    --terminate, -t <ディストリビューション名>
        ディストリビューションを終了します。

    --unregister <ディストリビューション名>
        ディストリビューションの登録を解除します。

    --upgrade <ディストリビューション名>
        ディストリビューションを WslFs ファイル システム形式にアップグレードします。

    --help
        使用法を表示します。