Windows Server 2019にIntel LAN Adapter I219-Vのドライバをインストールする

Intelのコンシューマー用のネットワークアダプターは、いろんな思惑から、Windows Server用のドライバを提供していないことがある。しかし、Windows10とServer2019は同じものなのでドライバが使えないわけではない。使うためには、やや専門的な知識を必要とする。

I219-V Windows Server 2019用のドライバーをダウンロード

downloadcenter.intel.com

PROWinx64.exe を起動し次のエラーが出るまで進む

ドライバーをインストールできません。このコンピューターにはインテル(R)アダプターがありません。

その状態で、%LOCALAPPDATA%/Temp を開く。更新日時の新しいフォルダで、WZSE0.TMP的なのを開く。微妙に名前は違うらしい。フォルダ内にPRO1000が入っている。このPRO1000をデスクトップ等にコピーする。

バイスマネージャーで認識していないネットワークアダプターのDEV IDを確認する。今回は0D55だった。

Winx64NDIS68e1d68x64.infを開く。名前は微妙に違うかもしれない。

0D55で検索する。

[Intel.NTamd64.10.0.1]のセクションに

%E0D55NC.DeviceDesc%            = E0D55.10.0.1,       PCI\VEN_8086&DEV_0D55
%E0D55NC.DeviceDesc%            = E0D55.10.0.1,       PCI\VEN_8086&DEV_0D55&SUBSYS_00008086

[Intel.NTamd64.10.0.1..18362]のセクションに

%E0D55NC.DeviceDesc%            = E0D55.10.0.1.19H1,       PCI\VEN_8086&DEV_0D55
%E0D55NC.DeviceDesc%            = E0D55.10.0.1.19H1,       PCI\VEN_8086&DEV_0D55&SUBSYS_00008086

みたいなのが見つかるはず。このどちらか(当方で試したのは19H1の方)を

[Intel.NTamd64.10.0]
[Intel.NTamd64.10.0...18362]

のセクションの最後に追加し保存する。書き換えた未署名のinfファイルはインストールできないので、次の操作を行う。

管理者権限のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行する。

bcdedit /set LOADOPTIONS DISABLE_INTEGRITY_CHECKS
bcdedit /set TESTSIGNING ON
bcdedit /set NOINTEGRITYCHECKS ON

再起動

e1d68x64.infを右クリックしてインストール

これでネットワークアダプターが認識されるはずである。

未署名のinfファイルを使えなくするため、管理者権限のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行しておく。

bcdedit /set LOADOPTIONS ENABLE_INTEGRITY_CHECKS
bcdedit /set TESTSIGNING OFF
bcdedit /set NOINTEGRITYCHECKS OFF