物理の駅 by onsanai

Physics Station → PhSt 質問・疑問・間違いの指摘は、コメントに書くか、直接伝えるときっと良いことがあります。主にWindows or Ubuntu用の記事です

OverallViewer

再配布は禁止します。

必須コンポーネント

Need .NET Framework 4.8 Runtime.

.NET Framework 4.8 Runtime が必要。

最新版

The latest version can be downloaded from the following link. I update it frequently, so if you have any trouble, please use the latest version first. Use the x64 version first, and if it doesn't work, use the x86 version.

最新版は次のリンクからダウンロード可能。頻繁に更新してるので、トラブルがあればまず最新版を使って欲しい。まずはx64版を使って、動かなければx86版を使ってください。

1drv.ms

It is not open to the public. Please contact me for the password.

パスワードは要問い合わせ。

FAQ

  1. どれが実行ファイル?
    OverallViewer.exe
  2. ウィンドウのサイズを変える
    Viewから
  3. 座標を記録する
    画面上を右クリックして「Get Here」 もしくは 「Ctrl+左クリック」で右側のテキストボックスに書き込まれる
  4. 画像を拡大、縮小する移動させる
    画像上で「↑」または「↓」
  5. 画像をある場所で拡大する
    拡大したい場所にマウスを持ってきて「↑」キー
  6. 画像をZ軸方向に移動させる画面の右側のスクロールバーを操作するか、ホイールキーを回す
  7. 画像のサイズをもとに戻す
    画面上でEscを連打
  8. 記録した座標を表示する
    Show内にいくつかのオプションがある
  9. 線を消す、右側のテキストボックスの中身を消す
    Clearから
  10. 複数の画像の一番暗いところを選んで一度に表示
    SuperimposedをONにして、ホイールキーで表示する範囲を選択する
  11. 今の画像を保存したい
    右クリックしてSave Image

JSONファイル形式

AffineP2S

配列でアフィンパラメータの[a, b, c, d, p, q]を与える。ピクセル座標からステージ座標へ変換する。ステージ座標はミクロンでもmmでも良いが、Imagesで与える単位と与える。筆者が作るパラメータファイルは基本的にmmとなっている。

ImageType

WidthHeight をintで与える。画像のpixel widthとpixel height。

EmulsionType

必須ではないが、 Sh でShrinkage factorが設定できる。ただし、片側乳剤層用。

Images

配列で画像1枚ごとにステージ座標と画像のpathのオブジェクトを作り、それを配列として与える。

{
    "x": 10,
    "y": 10,
    "z": 0.1,
    "Path": "./path/to/image.png"
}

Pathはやや特殊な形式で与えることも可能。

例えば、./path/to/image.png&1000&2000 と与えると、./path/to/image.png の1000バイト目から2000バイト分だけ読み込んで、画像として変換する。