物理の駅 by onsanai

Physics Station → PhSt 質問・疑問・間違いの指摘は、コメントに書くか、直接伝えるときっと良いことがあります。主にWindows or Ubuntu用の記事です

7-Zipのオプション日本語訳

アーカイブファイル内のファイルのハッシュ値(CRC32)を取得するには、 l コマンドに加え、 -slt を使うべし。

-sltスイッチで得られる情報
  • Path
  • Size
  • Packed Size
  • Modified
  • Attributes
  • CRC
  • Encrypted
  • Method
  • Block
7-Zip 18.05 (x64) : Copyright (c) 1999-2018 Igor Pavlov : 2018-04-30

Usage: 7z <command> [<switches>...] <archive_name> [<file_names>...]
7z <コマンド> [<スイッチ>...] <アーカイブ名> [<ファイル名>...]

<Commands>
  a : ファイルをアーカイブに追加Add files to archive
  b : ベンチマークBenchmark
  d : アーカイブからファイルを削除Delete files from archive
  e : アーカイブからファイルを抽出 (ディレクトリ名を使用せず)Extract files from archive (without using directory names)
  h : ファイルのハッシュ値を計算Calculate hash values for files
  i : サポートされている形式に関する情報を表示Show information about supported formats
  l : アーカイブの内容をリストList contents of archive
  rn : アーカイブ内のファイルの名前を変更Rename files in archive
  t : アーカイブの整合性をテストTest integrity of archive
  u : ファイルを更新してアーカイブUpdate files to archive
  x : フルパスを用いた抽出eXtract files with full paths

<Switches>
  -- : 解析を停止Stop switches parsing
  @listfile : ファイル名を含むリストファイルへのパスを設定set path to listfile that contains file names
  -ai[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : アーカイブを含めるInclude archives
  -ax[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : アーカイブを除外するeXclude archives
  -ao{a|s|t|u} : 上書きモードを設定set Overwrite mode
  -an : archive_nameフィールドを無効disable archive_name field
  -bb[0-3] : 出力ログレベルの設定set output log level
  -bd : 進捗状況インジケーターを無効disable progress indicator
  -bs{o|e|p}{0|1|2} : 出力/エラー/進捗の出力の有無を設定set output stream for output/error/progress line
  -bt : 実行時間統計を表示show execution time statistics
  -i[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : ファイル名を含めるInclude filenames
  -m{Parameters} : 圧縮方法を設定set compression Method
    -mmt[N] : CPUスレッド数を設定set number of CPU threads
    -mx[N] : 圧縮レベルを設定 -mx1(最速) -mv9(超圧縮) set compression level: -mx1 (fastest) ... -mx9 (ultra)
  -o{Directory} : 出力ディレクトリを設定set Output directory
  -p{Password} : パスワードを設定set Password
  -r[-|0] : 再帰サブディレクトリRecurse subdirectories
  -sa{a|e|s} : アーカイブ名モードを設定set Archive name mode
  -scc{UTF-8|WIN|DOS} : コンソール入出力の文字セットを設定set charset for for console input/output
  -scs{UTF-8|UTF-16LE|UTF-16BE|WIN|DOS|{id}} : リストファイルの文字セットを設定set charset for list files
  -scrc[CRC32|CRC64|SHA1|SHA256|*] : x,e,hコマンドハッシュ関数を設定set hash function for x, e, h commands
  -sdel : 圧縮後にファイルを削除delete files after compression
  -seml[.] : メールでアーカイブを送信send archive by email
  -sfx[{name}] : SFXアーカイブを作成Create SFX archive
  -si[{name}] : stdinからデータを読み取りread data from stdin
  -slp : ラージページモードを設定set Large Pages mode
  -slt : l(リスト)コマンドの技術情報を表示show technical information for l (List) command
  -snh : ハードリンクをリンクとして保存store hard links as links
  -snl : シンボリックリンクをリンクとして保存store symbolic links as links
  -sni : NTセキュリティ情報を保存store NT security information
  -sns[-] : NTFS代替ストリームを保存store NTFS alternate streams
  -so : 標準出力にデータを書き込みwrite data to stdout
  -spd : ファイル名のワイルドカード一致を無効disable wildcard matching for file names
  -spe : 抽出コマンドのルートフォルダーの重複を除去eliminate duplication of root folder for extract command
  -spf : 完全修飾ファイルパスを仕様use fully qualified file paths
  -ssc[-] : 大文字と小文字を区別するモードを設定set sensitive case mode
  -sse : アーカイブの作成を停止stop archive creating, if it can't open some input file
  -ssw : 共有ファイルを圧縮compress shared files
  -stl : 最後に変更されたファイルからアーカイブのタイムスタンプを設定set archive timestamp from the most recently modified file
  -stm{HexMask} : CPUスレッドのアフィニティマスクを設定(16進数)set CPU thread affinity mask (hexadecimal number)
  -stx{Type} : アーカイブタイプを除外exclude archive type
  -t{Type} : アーカイブのタイプを設定Set type of archive
  -u[-][p#][q#][r#][x#][y#][z#][!newArchiveName] : オプションを更新Update options
  -v{Size}[b|k|m|g] : ボリュームを作成Create volumes
  -w[{path}] : 作業ディレクトリを割当。空のパスは一時ディレクトリを意味assign Work directory. Empty path means a temporary directory
  -x[r[-|0]]{@listfile|!wildcard} : ファイル名を除外 eXclude filenames
  -y : 全ての要求でYesを仮定assume Yes on all queries

https://info.nrao.edu/computing/guide/file-access-and-archiving/7zip/7z-7za-command-line-guide

高速な圧縮アルゴリズムであり Zstandardアルゴリズムを使いたい場合は以下のプログラムを https://github.com/mcmilk/7-Zip-zstd/releases

オプションは https://github.com/mcmilk/7-Zip-zstd#usage-and-features-of-the-full-installation に書いている通り

-m0=zstd -mx1

と付けると、Zstandardアルゴリズムで、最速の圧縮が可能になる。