物理の駅 by onsanai

Physics-station 研究で日々感じたことを忘れないための備忘録

C++のクラスをPythonから使うためにBoost::Pythonを使うまで

BoostのPython用ライブラリを使いたかったのでコンパイルする

参考文献。

Boostライブラリのビルド方法 - boostjp

Boost 最新版をソースコードからビルドし、インストール(MSVC ビルドツールを使用)(Windows 上)

Visual Studio 2019の x64 Native Tools Command Prompt for VS 2019 を使って、

cd (解凍したディレクトリ)
bootstrap.bat
mkdir stage
b2.exe install -j2 --prefix=stage toolset=msvc-14.2 link=static,shared address-model=64 --with-python

を行う。 -j2 の1は1並列で行うの意味。Visual Studio側では、Visual Studio 2019は v142 となっているため、msvc-16.0 とはしない。

次に、Visual Studio 2019で次のサイトで書いてることをやってみる。

Boost.Python Tutorial - 1.70.0

Visual Studio 2019で、プロジェクト名「hello_ext」を「C++ 空のプロジェクト」で作成する。

  • Pathを正しく通す
    • インクルードディレクトリには、boostだけでなく、 $(USERPROFILE)\Anaconda3\include; も通す。(Anaconda3の場合)
    • ライブラリディレクトリには、boostだけでなく、 $(USERPROFILE)\Anaconda3\libs; も通す。
  • 構成プロパティ-> 全般 -> 構成の種類 は ダイナミックライブラリ (.dll) にする
  • 構成プロパティ-> 全般 -> ターゲットの拡張子 は .pyd にする

hello_ext.pyd が x64のRelease内に出力されるので、それをpythonを実行するディレクトリにコピーし、そこでpythonを起動する

>>> import hello_ext
>>> print hello_ext.greet()
hello, world

これで動くはずである。

#include <boost/python.hpp>

BOOST_PYTHON_MODULE(hello_ext)
{
    using namespace boost::python;
    def("greet", greet);
}

ここの、 BOOST_PYTHON_MODULE 内 今回の例では、hello_ext はプロジェクト名 (=出力する .pyd 名)と同じでなければならない。

boost::python(1) classと関数の使用方法(PythonからC++の呼び出し) - のんびりしているエンジニアの日記