Portable版 Visual Studio Code (VSCode)における Open with Codeの追加方法 (Windows)

Portable版 VS CodeC:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe に展開したとする。 このままでは右クリックしたときの便利な設定を使えないので、手動でレジストリに追加する。

ファイルを右クリックしたときに有効になる設定

  • HKEY_CLASSES_ROOT*\shell\Open with Code
    既定に Edit with Code
    Icon 文字列に C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe,0
  • HKEY_CLASSES_ROOT*\shell\Open with Code\command 既定に "C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe" "%1"
    または、C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe "%W" "%1"

フォルダを右クリックしたときに有効になる設定

  • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\VSCode
    既定に Open with Code
    Icon文字列に C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe,0
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\VSCode\command
    既定に "C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe" "%1"

フォルダ内の空白部分を右クリックしたときに有効になる設定

  • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\VSCode
    既定に Open with Code
    Icon文字列に C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe,0
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\VSCode\command
    既定に "C:\Users\Masahiro\OneDrive\Software\VSCode\Code.exe" "%V"

%1 は1個目の引数、%V はそのファイルのフルパス、%W は親フォルダのフルパス が帰ってくるらしい。 qiita.com

ファイル単体を開きたい場合の引数は %1 、ファイルをフォルダ内で開きたい場合の引数は "%W" "%1" とするとよいだろう。