物理の駅 by onsanai

Physics-station 研究で日々感じたことを忘れないための備忘録

検出器

直交座標系のずれ量を飛跡の角度に相当するRadial Lateral空間に変換するコード

放射線の飛跡のように、座標(cx, cy) 角度 (ax, ay)で表すことの出来る量の比較をする時、しばしば飛跡の進行方向(Radial方向)と垂直方向(Lateral方向)に分離して考えることがある。 飛跡1 (cx1, cy1, ax1, ay1)、飛跡2 (cx2, cy2, ax2, ay2) があるとき、角…

高い飛跡密度における飛跡再構成アルゴリズム (日本語訳)

arxiv.org の付録Bの日本語訳です。一部に筆者の意訳を含みます。 原子核乾板は、その高分解能により各フィルムに記録された膨大な量のイベント又はオーダーの飛跡の陽子反応を再構成することができる。 これは、位置分解能0.4 μmと角度分解能2mradのベクト…

原子核乾板の元素組成と密度

更新履歴を含めた情報は、Gitlabで管理しています https://gitlab.com/yoshimoto/emulsiondensity/blob/master/ja.md 原子核乾板の密度と組成について 原子核乾板 (Nuclear Emulsion) の組成や密度を実測することは難しい。 軽元素から重元素までの測定レン…